マイホームの杜


-  |  次の5件 »

アベノミクスで新築住宅に手抜き工事が横行している!?

最近の記事で以下のようなものがありました。

アベノミクスで新築住宅に手抜き工事が横行している!?

私は設計事務所に勤務しているのでなんとなく情勢は把握しているつもりです。

手抜きがあるかどうかはともかく、職人不足は本当です。

震災復興による建築の特需はまだまだ続いています。

買う側にとっては不利な状況は続いています。

消費税増税前の駆け込みは高い買い物をすることにつながりかねません。

買う側にとっては手に入れたいと思ったときが、買う時期なんでしょうが。

タイミングなんでしょうね。

手抜きをチェックするための第三者による管理が大事だと思います。

建売住宅は管理もできませんが、施工写真などから判断するしかないかもしれません。









| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラウーノ リフォーム

わが家のトイレをリフォームしました。

築8年で初のリフォームといったところです。

これまでの便器はロータンク式のTOTOのいわゆるウォシュレットでした。

リフォーム後はパナソニックのアラウーノです。

改修前の画像です。

a001.jpg

改修後の画像です。

b001.jpg

ロータンクがないのでかなりすっきりしました。

床材のクッションフロアも張り替えています。

もちろん、うちの嫁の希望によるリフォームでした。

新築時からトイレの床が気に入らない、失敗した、と嘆いていました。

ちなみにクッションフロアはCFと称されています。

このCFの石目模様がゴミが落ちているように見えるのです。

確かにゴミが落ちているように見えました。(^^;)

CFのリフォームとともにロータンクのない便器に替えたいということでした。

便器の選定は私の仕事です。

私が選定して嫁の了解が得られれば決まりです。

以前から興味があったアラウーノを前提にして探しました。

便器はパナソニックのショールームに実際に見に行きました。

ロータンクがないのですっきりしています。

さらに陶器製ではなく有機ガラス系新素材というのも惹かれます。

アラウーノのネーミングにもあるように便器が洗浄してくれます。

洗浄後は泡が出てきて水面の淵にできる汚れを防止します。

この泡が清潔感をもたらしています。

泡は洗剤を入れることにより出ます。

洗剤は一般のキッチン用のものでOKです。

もちろん泡が出ない設定にもできます。

小を流したときのみ、大を流したときのみ、どちらも出る、出ない、
と設定できます。

わが家ではとりあえず毎回出るようにしています。

ちなみに最近の便器は節水がされていて少量で流します。

これまでの便器は大で約12Lでしたが、アラウーノは6Lと半分です。

節水による元は取りきれないと思っています。

わが家は家族3人で仮に1人当たり1日に3回トイレを使ったとして、
1日の節水量は54Lです。

3人×3回×6L=54L

1ヶ月ですと、1620Lにもなります。

54L×30日=1620L

わが家は上下水道完備の地域ですので上水道+下水道の料金がかかります。

従量制の料金ですので、一番安い単価で試算してみますと、
水道料金155円/1000L
下水道料金136円/1000L
となります。

この単価は各市町村により異なります。

そうしますと、上水道料金は251円、下水道料金は220円安くなります。

上水道 1.62×155円=251円
下水道 1.62×136円=220円

合わせて471円ほど1ヶ月当たり安くなる計算になります。

1年では5652円ほど上下水道の料金が安くなるということになります。

1日3回は少ないかもしれませんが大洗浄の場合で計算しているので
こんなものかと思います。

ちなみにリフォーム料金は12万円ほどです。(ToT)

元を取るには21年ほどかかります。

120000円÷5652円≒21年

今度の便器は21年使うでしょうが果たして元を取ったと言えるか疑問です。

ところで普通に便器交換と床材のリフォームで12万円は安いはずです。

リフォーム業者に依頼すると20万円ほどとなるはずです。

いろんな業者に見積りしてもらったので間違いないと思います。

もちろん便器のグレードにもよります。

わが家のアラウーノは上から2番目のものでアラウーノSです。

最上級のグレードは人センサが付いていて、近づくと便蓋が自動で上がります。

私はネットでアラウーノを購入して取付だけ知り合いの業者に依頼しました。

事前に持ち込みの件を了解をいただいてからネット購入しました。

依頼した業者では便器代だけで15万円だそうです。

ネットでは送料込みで6万円ほどで購入できます。



さすがに9万円の差は大きいです。

ネットで購入するとどうしてこうも安いのでしょう。

知り合いとはいえ、持ち込み不可の業者は多いです。

ですので、既に便器はあるという前提で話をしにいっています。

自動で便蓋が上がる機能付きのものはネットでも安くて15万円ほどします。

この機能を抜いただけで6万円になってしまいます。

自宅の便器なので自動で上がらずとも構わないという考えです。

私の購入したアラウーノをレビューします。

ロータンクがなくなったので手洗いがなくなりました。

以前はロータンクに手洗い付きのものでした。

ロータンクの手洗いでは私も嫁も手を洗わないので問題ありません。

自宅のトイレ内では手を洗わない人も多いと思います。

トイレを出て洗面台のほうで手を洗います。

ちなみに小さい手洗いのセット品もあります。





来客用に設置するかたいへん迷いましたが結局設置するのはやめました。

消毒ジェルポンプとお手拭シートをトイレに置いて対応することにしました。

ロータンクがなくなったので便器がトイレの奥になりました。

後付けで手摺を付けましたが影響はありませんでした。

紙巻器の位置もそのままで子供も問題ありませんでした。

洗浄の強弱が3段階しかありません。

私も嫁も「中」で問題ありませんが、購入を検討している人は事前に
試した方がいいと思います。

便器が陶器製ではなく有機ガラス系新素材で軽い感じの音がします。

用を足しているときは、軽い音がするので安っぽく感じるかもしれません。

水たまり面は泡があると中が全く見えません。

人は自分の健康状態を確認するために便を見るといいます。

その便が泡の中に消えていくので全く見えません。

気にならない人は問題ありません。

また泡を出ないようにすれば見えますので問題ありません。

それからロータンクがないタイプですのでちゃんと流れるかちょっと心配
でしたが大丈夫でした。

タンクレスの便器は水圧の問題があります。

水道口径が20mmでしたら概ね問題ないでしょう。

TOTOの便蓋と便座は開いた状態から閉めるときにゆっくりと下ります。

便蓋を閉めるときに手を離しても一気に下りない機能です。

いつまでも便蓋を手でつかみたくないのでこの機能は欲しい機能です。

オート機能が付いていれば問題ありませんが。

アラウーノにもこの機能は付いていました。

便蓋を閉めるときに途中で手を離してもゆっくりと閉まります。

TOTOほどではありませんが問題ないほどの閉まり具合です。

ちなみにわが家の2階にある便器はこの機能がありません。

手を離すと一気に下りてしまい、バン!と大きい音がします。

たった築8年で便器を交換するのは早くてもったいないという声が聞こえて
きそうです。(^^;)

私もそう思いますが、嫁がバイト代を出してでも替えたいという希望により
今回初のリフォームに取り組んだわけです。

意外と結果は良かったかなと思っています。

次のリフォームはテラスの増築かと思っています。

まだまだ先の話ですが…。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

40歳未満、持ち家比率低下

マイホームに関する以下のような記事が出ています。

40歳未満、持ち家比率低下=住宅ローン重荷に―国交白書

ネット上のコメントでは以下のようなコメントが目につきます。

「終身雇用が崩壊した今、いつクビになるか分からないのにローンを
 組んで家を買おうなんて出来ないだろ」

「安定した仕事につけないのにローンなんか組めないだろ!小泉改悪
 の責任だよ」

「安定した職場が提供されるかどうかも分からんのにローン組める訳ない」

まさにその通りのコメントです。

正社員を増やすには政治の介入が必要となるでしょう。

以前、テレビで明石家さんまが「家を持ちたがるのはメスの習性」と
話していました。

うちの場合も嫁の意見で建てたようなものです。

住宅メーカーもそれをよく分かっているようで、嫁の方に強く勧めます。

男は一般的に風来坊的な要素があるのかもしれません。




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅関連情報

住宅に関連する情報をお届けします。

「持ち家」志向、7割台に低下 平成25年版「土地白書」で意識調査

7割台に低下といっても8割をちょっと切ったほどの数字です。
持ち家志向がまだまだ高いのは言うまでもありません。
どちらかというと男性より女性のほうがその傾向が高いそうです。
うちの場合も嫁の意見で言えを建てたようなものです。




住宅現金購入に給付金検討、消費増税に対応

消費税増税が決定しないとこの手の情報はよく変わります。
本日の夕方には「住宅現金購入に給付金検討、消費増税に対応
といった記事もあります。


PM2.5対応の東芝の「大清快EDRシリーズ」、担当者に驚きの機能を聞いた

PM2.5対応のマスクって息苦しいそうですね。記事にありました。
このエアコンの清浄能力ってすごいですね。
次にエアコンを買い換えるときはダイキンのうるさらシリーズにしようと
思っていたのですが、大清快EDRシリーズも候補となりました。







| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流せるトイレクリーナー

私の自宅のトイレですが改修する予定です。

現在のトイレはロータンク式洋風腰掛便器です。

一般住宅で普通に使っている洋風便器です。

便座は洗浄機能付き暖房便座です。

TOTOでいうウォシュレットです。

INAX(現リクシル)ではシャワートイレですね。

うちはTOTOですのでウォシュレットです。

古いタイプですので大で流すと10L排水します。

以前にも同じような記事を書いていました。

パナソニックのアラウーノSに改修予定です。



心配なのは排水量が少ないことですね。

今はトイレクリーナーを流しても全く問題ありません。

改修後は排水量が減るので、流れずに詰まらないか心配です。

そこで以下のような記事を発見しました。

「流せるクリーナー」なのにトイレがつまった メーカーに「修理費」を請求できる?

こういう事態に陥らないようにしたいものです。

改修後はレビューを載せたいと思います。






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © マイホームの杜 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。